• 浅煎り

エルサルバドル COE2023 #11 サンタ・フェ パカマラ ウォッシュドアナエロビック

EL SALVADOR SANTA FE PACAMARA WASHED ANAEROBIC

シードルのようなフレッシュで明るいフレーバー、プラムやシナモンを思わせる厚みのある味わい
生産地 エルサルバドル
農園 サンタ・フェ農園
地域 アロテペック・メタパン
標高 1,850m
品種 パカマラ
プロセス ウォッシュドアナエロビック

ABOUT

サンタ・フェ農園は、エルサルバドル北西部チャラテナンゴのラ・パルマというエリアに位置します。近隣の農園より一段高い標高1,850 mの環境は、気温が低くコーヒーノキが育ちにくい側面がありますが、チェリーが成熟するまでの期間を長く取れ、有機酸や糖をその実にしっかりと蓄えることができます。
またサンタ・フェ農園の方針として、労働者の健康とコーヒーの品質に細心の注意が払われています。いかなる種類の殺虫剤も使用せず、労働者には作業を遂行するために毎日制服と保護具を支給がなさており、こうした取り組みが品評会でも認められるコーヒー作りにつながっています。

PROCESS

このコーヒーではウォッシュドアナエロビックプロセスが採用されています。
前述のとおり、有機酸や糖を十分に蓄えたコーヒーチェリーは、糖を材料に香りの成分を作りだす嫌気発酵プロセスとの相性が良く、このコーヒーではシードルのようなフレッシュで明るいフレーバーを感じることができます。加えて、コーヒーチェリー自体に含まれる有機酸量が多いことで、プラムやシナモンを思わせる厚みのある味わいが生まれ、発酵プロセスで作られた力強いフレーバーにも負けることなく調和が生まれています。

VARIETALS

パカマラ
「パカマラ」はエルサルバドルで発見され、パカスというBourbonの変異種品種と、マラゴジッペと呼ばれるTypicaの変異種が掛け合わさってできた品種。
類まれなカップクオリティーを示す可能性が高く、アップル、トロピカルフルーツやフローラルな香り、ジューシーな酸、高い甘さ等テロワール(Microclimate)が合致すると素晴らしいフレーバーと品質を誇ります。Cup of Excellenceでも出品が多く、エルサルバドルのCOEはほとんどがこの品種で占められるほどです。

ROASTER'S COMMENT

このサンタ・フェ農園のコーヒーは、2023年に行われたエルサルバドル カップ・オブ・エクセレンス(品評会)にて11位の順位を獲得し、また私たちがオークションで初めて単独落札することのできた特別なコーヒーになります。高標高で育ったパカマラ品種とアナエロビックプロセスが作り出す、明るく鮮明なフレーバーとまろやかな甘さとの協調をお楽しみください。(ROASTER/ 井上)
内訳
販売価格
(単価 × 入数)
注文数

SANTA FE PACAMARA WASHED ANAEROBIC WHOLESALE 500 g

軽減税率対象
参考上代
10,000円
販売価格
(単価 × 入数)
注文数
ご注文には
ログインしてください

SANTA FE PACAMARA WASHED ANAEROBIC WHOLESALE 1kg

軽減税率対象
参考上代
20,000円
販売価格
(単価 × 入数)
注文数
ご注文には
ログインしてください

おすすめ商品